カテゴリ:未分類( 6 )

カウンターテーブルといただきもの

しうです。

今週はカウンターテーブルに棚をつけました。手前の2段目を広くとっていますが、将来的にここにオーブンレンジなどを置こうかと思い広めに取っています。

f0045283_16173712.jpg

テーブルタップの電源は近くにあるコンセントから引き込み。床を横断する電源ケーブル部分は足をひっかけると危ないのでモールで保護。

f0045283_16234095.jpg

そして、オイル塗布。アマニオイルを主成分とする自然素材のオイルを使用。無塗装に比べて少し色が濃くなったようです。

f0045283_16270939.jpg
  

f0045283_16283170.jpg
  
f0045283_16292613.jpg

木目がはっきり見えてきれいな自然の色です。

f0045283_16301199.jpg

鍋を置くとこんな感じ。いい感じじゃないでしょうか?

== おまけ ==

いただきものが届きました。

f0045283_16311669.jpg

バームクーヘンです。

f0045283_16314427.jpg

この子たちにもほんの少しだけですが、おすそ分け。 (コニーちゃん、よだれが。。。)

f0045283_16323313.jpg

しっとりしていて、とてもおいしかったです。ごちそうさまでした。



[PR]

by jilbeau | 2016-03-27 16:39

きのこの山と薪ストーブ

今週、ランドに来てみると、落ち葉やら栗の実やらいろいろ落ちていました。
f0045283_18105342.jpg

でも、よ~く見てみると。。。。
f0045283_18115365.jpg

きのこ!
f0045283_18124737.jpg

きのこ!きのこ!きのこ! コニーちゃんが食べて、いきなり笑い出すのも怖いので、とりあえず目に付くきのこは採取してバケツ2杯分を破棄。どなたかこれらのきのこ 食べられるかご存知ですか?
f0045283_1815587.jpg


今日は朝から雨で肌寒かったし、10月になったということで慣らし運転を兼ねて薪ストーブに火入れしました。
f0045283_18164838.jpg

ストーブの火は本当に柔らかく、暖かいです。
f0045283_18173414.jpg

慣らし運転のつもりで、少しだけのつもりが、久しぶりで、楽しくて薪を入れすぎてしまい部屋が暑くなりすぎちゃいました。。。 ちょっと失敗。
f0045283_18175826.jpg

例のごとくモデルさんに手伝っていただき、今シーズンの火入れの儀を撮影。
f0045283_1822439.jpg

f0045283_18243994.jpg


<追記>
お昼に花子ちゃん、新ちゃんのパパ&ママさんに富士吉田のおいしいラーメン屋さんに連れていってもらいました。ニラそば最高! ありがとうございました!! なお、肝心のラーメンの写真は諸事情によりありません。
m( _ _ )m
f0045283_18285740.jpg


written by しう
[PR]

by jilbeau | 2013-10-05 18:48

北海道旅行記 ~植物園編~

今回の北海道旅行は、動物園に行く以外に、実はもうひとつ目的がありました。植物園めぐりです。
なんちゃってイングリッシュガーデンを目指すララジルランドを、「本物」に少しでも近づけるためのお勉強のために旭川にある上野ファームに行ってきました。お庭はとても綺麗で、参考になるところが多々ありました。でも、とても暑かった。。。
f0045283_2034123.jpg

f0045283_20351738.jpg

f0045283_20363622.jpg
f0045283_2038784.jpg

f0045283_20392875.jpg

f0045283_20404781.jpg

f0045283_2041583.jpg

f0045283_20425636.jpg


旭川は木工の町としても有名で、多くの家具屋やクラフト店があります。木工職人を目指すShuとしてはこれは見ておかねばということで、クラフト店に行ってきました。本当はクラフト館 という大きな施設に行きたかったのですが生憎お休みのため、ブラウンボックスという比較的小さなクラフト店に行って来ました。
お店の雰囲気はとてもよく、写真撮影もOKということで後学のためにぱちりとさせてもらい、いくつか気に入ったものを買ってきました。
f0045283_2049558.jpg

f0045283_20494751.jpg

f0045283_20503698.jpg


次の日は札幌に移動して、北海道大学の植物園でお勉強。さすがに植物園というだけあり、草花や木がしっかり分類されていて名前もわかるようになっており、勉強になりました。市街地にあり、札幌駅から徒歩圏なのでとてもお奨めです。春楡の林と芝生がとてもきれいでした。
f0045283_20531065.jpg

f0045283_2056105.jpg

f0045283_2057069.jpg

f0045283_20574340.jpg


この植物園には小さな博物館もあり、そこに南極物語で有名になったタロの剥製がありました。なんとなくララちゃんに似ているような。。。
f0045283_2101343.jpg


こんな感じで、2泊3日の北海道旅行は終了しました。滞在時間は48時間以下と、超過密スケジュールでしたが暑い北海道を楽しんで来れました。動物園以外はマイナーなところに行ってしまったので、次はもう少し良い季節にメジャーどころを押さえたいです。(と言いつつ、またマイナーなところに行ってしまいそうですが。。。)
[PR]

by jilbeau | 2013-08-04 21:13

味噌作り

味噌を作ってみた。

去年、お隣さんからもらった自家製味噌がとてもおいしかったので、お願いして今年の味噌作りに参加させていただいた。お隣さんは、GWのこの時期に一家総出で味噌作りをしているとのこと。

原料の大豆、米麹、麦麹はお隣さんに手配いただいた。合計で10Kg。水や塩などを入れるとだいたい倍の量ができるらしい。なので、今回のジルコニ家のミッションは20Kgの自家製味噌の作成。
f0045283_16563164.jpg


まずは、味噌作りを行う2日前に大豆(4Kg)を軽く洗って、水につけておく。大豆は水は吸って、どんどん膨張していくので大き目の器が良いかも。定期的に大豆を入れた器を見て、水が減っているようであれば順次継ぎ足し。ジルコニ家では、大豆の膨張を考えておらず小さめの鍋しかなかったので、この膨張を見て煮るには小さい鍋では力不足と判断し、27cmの寸胴鍋を急遽購入。
f0045283_1754366.jpg


2日後の早朝から、大豆の煮炊きを開始。3~4時間くらい煮込む。その間、水が足りなくなったら継ぎ足して灰汁が出たら取る。灰汁はポップコーンみたいな感じで出てきて、結構楽しい。
f0045283_1710114.jpg
f0045283_17112329.jpg


27cmの寸胴鍋を買った時点で、撹拌用の長いしゃもじが必要ということで、買おうと思ったが結構高いので自分で作ることにした。使い勝手はなかなか良い感じ。
f0045283_17185539.jpg


大豆は指の先で簡単につぶせるくらいになるまで煮込んだら、鍋から出して冷ます。出た煮汁は捨てずに次の工程で使用するために一升瓶2本分残しておく。一升瓶の中には230gの粗塩を予め入れておく。なぜ230gか?お隣さんのレシピでは塩分は13%で、1.8Lの13%ということで230g。この13%というのを常に頭に入れていろいろ計算しなくてはならない。と伝授された。
f0045283_17331987.jpg

f0045283_17335794.jpg


ここから先はお隣さんに移動しての作業。まずは、大豆のすりつぶし作業。すりつぶしには、この機械を使う。ものの10分で、煮込んだ豆10Kg(水分を吸って2.5倍になった)をミンチに。
f0045283_17385673.jpg

f0045283_17395718.jpg


それで、ここから先は残念ながら写真が無い。ミンチした大豆と麹や塩を先程の煮汁で混ぜていく作業なので、二人してカメラを触れなくなってしまった。来年の備忘録のために、作業内容を忘れないうちに書いておく。
1)厚手のビニール袋を2枚重ね、その中にホワイトリカーを50ml程度入れガシャガシャ振る。(消毒)その後、樽にセット。
2)広い場所に厚手のビニールを敷き、その上にミンチした大豆を広げ、長方形の土手を作る。イメージとしてはもんじゃ焼きの土手のイメージ。大豆は一肌くらいの温度まで下がっている必要がある。下がって無ければこの段階で冷ます。
3)米麹と麦麹をこの土手の中に入れる。その後、塩を入れて最初に米麹と麦麹だけと塩を混ぜる。塩の分量は13%である。大豆はもともと4Kgだったけど、水を吸ってできあがりのミンチ大豆は10Kgなので、その13%の1.3Kg分の塩を入れる。米麹と麦麹にはすでに発酵を抑えるために、業者さんが10%の塩を入れてくれていたため、米と麦麹は重量の3%分の塩を入れる。つまり、米麹4Kg+麦麹2Kg=6Kgの3%ということで180gの塩。合計1.3Kg+0.18Kg=1.48Kgの塩を入れる。
4)塩、米麹、麦麹をよく混ぜ合わせた後、用意してあった煮汁をかけて大豆と混ぜ合わせる。固い味噌が好みの人は煮汁を少なめ、やわらかい味噌が好みの人は煮汁を大目に入れる。ジルコニ家は一升瓶にして1.2本分くらい煮汁を投入。
5)良く混ざったら、樽に詰める。ソフトボールくらいの大きさの味噌玉を作り、樽のそこにぶつけるように入れていく。これで空気が入らずに、カビ対策になる。
6)半分くらい入れたところで、種味噌(150g)を投入。(種味噌はいただいた。来年は今年作った味噌が種味噌として使える予定)
7)全部入ったら、表面を平らにして、純米酒を一合程度上からかける。その後サランラップを上からかけ、その上からホワイトリカーを軽くスプレーする。
8)サランラップの上に笹の葉、とうがらしなどを並べていく。これは殺菌用。笹の葉は縁に沿って並べる。
9)その後2枚のビニール袋を順次紐でしばり封印。
10)落としぶたを樽にいれ、その上に重し(8.5Kg)をのせて樽に蓋をする。その周りを更にビニール袋で包んで封印。

7月初旬に天地返し(上記の5~10の作業を樽から出した味噌でもう一度行う)行い、11月くらいから上手くいけば食べることができる。ただ、ここは気温が低いので熟成に時間がかかり2~3年物の味噌が一番おいしいいらしい。(白カビは良いけど、黒カビは取り除くように言われた。忘れないようにしないと。)

どんな感じにできるのか、とても楽しみ。

Written by しう
[PR]

by jilbeau | 2012-05-01 18:30

ひょんなことから その1

かなり前の話になりやすが、2009年9月19~23日、シルバーウィークと呼ばれた大型連休。
我が家はお友達とキャンプしてました。(ちなみに次のシルバーウィークが出現するのは2015年だって)
f0045283_12113355.jpg

ジークのお勉強を見学中のチビチビジューン(耳ひっくり返り姿)
f0045283_12451911.jpg

メイちゃんのキリリ!
f0045283_12455097.jpg

いつものクールダウン姿のジル坊
f0045283_12462949.jpg

楽しいキャンプが終わった帰り道、高速千円と大型連休が重なりものすごーーーーーい渋滞!
我慢しきれず中央高速を甲府で降り、富士五湖方面、東名高速作戦に出ました。
似たような事を考えた人は多かったようで、富士五湖周辺もかなりの渋滞。
脇道、裏道、を探すうちに迷い道くねくね。で、別荘地に迷い込みました。
そして、見つけちゃいました。
f0045283_12581547.jpg

実は数年前から色々と別荘地を見てまわっていた我が家。
なかなかいい感じのところを発見です。
[PR]

by jilbeau | 2010-07-12 13:04

2週続けて海じゃー

またまた日記がご無沙汰でしたが、今回は違います。
インターネットが繋がらなくなっちまったんです。
結局モデムを交換して直りました。モデム交換したの2回目です。プンプン!
では、お休み中の出来事をば。

前の週に引き続き、またまた海へ遊びに行きました。
薄曇のお天気だったので今日は短時間勝負です。
制限時間を30分と決めさせていただきました。
ララジル、さあ遊べ!ジャンジャン遊んで短い時間でも完全燃焼するのだ!
f0045283_1752342.jpg

ララにおもちゃ投げて~♪(ジェファンちゃんからもらったおもちゃがずっとお気に入り)
f0045283_1795639.jpg

「やばい!何でジルが待ち伏せしてるのぉ~!」
f0045283_17105840.jpg

「ララの持ってるものが良く見えるのだ」
「ジッちゃんにも咥えさせろ~」
f0045283_1712989.jpg

「やだー!絶対に離さないんだから!!ジッちゃんはオレンジ棒でしょ!」
f0045283_17131098.jpg

「そうだった そうだった。お気に入りのオレンジ棒を投げてくれ」
f0045283_1714183.jpg

「くーっ!やっぱりオレンジ棒が最高~!」

この日はボーダーコリーさんの団体さんがいました。5,6頭で楽しそうに波打ち際を走り回ってました。でも泳いでるコはいませんでした。
他にもたくさんワンちゃんが遊びに来てましたが、海で泳いで遊んでいたのはララジルの他はゴールデンちゃんと、ラブちゃんでした。
やっぱりレトリーバーは極度の水好きなのでしょうか。。。
[PR]

by jilbeau | 2007-04-15 16:58