煙突掃除

前回の煙突掃除から2年。今年は自分でやろうと決めていたのですが、なんやかんやで伸び伸びになっていました。やっと今日、冬を前にして片付けました。

f0045283_19520487.jpg

掃除前は中に灰が入ったまま。。。 いつも使い終わったら灰は出しとこうよ。と思うのですが、もしかしたらまた寒くなってストーブ使うかも。と考えそのままになってしまいます。良くないですね。。
まずはこの灰を取り除き、中の軽石とか鉄の天板を外し、掃除します。

f0045283_19560633.jpg

ヘッドランプをつけてブラシを使ってごしごしします。

f0045283_19573204.jpg

内部がある程度綺麗になったら、炉内にビニール袋を広げ扉を閉じ、屋根に上ります。

f0045283_19583479.jpg

今回の煙突掃除のために準備した煙突掃除ツール。150mmの煙突用のねじ式のワイヤーブラシ。

f0045283_20001071.jpg

まずは煙突の帽子を外します。

f0045283_20035700.jpg


ねじを3箇所緩めると、鳥さんの侵入防止用の網が出現。結構煤がついてますね。


f0045283_20044653.jpg

ねじ付の棒を継ぎ足しながら煙突の中にワイヤーブラシを入れていきます。ちょっと棒が柔らかいのであまり強くぐりぐりと押し込むと棒が曲がってしまいます。なので、ゆっくり入れていきます。

f0045283_20061260.jpg



f0045283_20085755.jpg

ふと見ると芝の上にカメラをかかえた人が。上から見ると人が米粒みたいに見えて、とても高く感じるのですが、実際に下から見てみると。。。


f0045283_20103015.jpg

意外に低い。。 やっぱりおいらは高所恐怖症気味ということかな。。。

f0045283_20115172.jpg

最後に耐火スプレーで塗装がはげてきた煙突を再塗装。
せっかく屋根の上に上がったので、上から庭の風景をぱちり。これが煙突の左側。

f0045283_20125156.jpg

そしてこれが右側。

f0045283_20131338.jpg

ストーブ側に落ちてきていた煤を片付け、部品をとりつけて。。


f0045283_20150470.jpg

きれいになりました。今年も活躍してくれそうです。

f0045283_20155931.jpg

反省点としては、もう少ししっかり養生をすること。着ていた服から床からいろいろなものが煤や灰で真っ黒になってしまった。。。 次回はしっかり養生してから開始だな。

##########

午前中にこの前できたMont-bellに自転車で行ってきました。往復20kmくらいで距離はたいしたことはなかったですが、標高差が300m以上で、獲得標高が450mくらいと上り下りが激しく疲れました。坂道はやっぱり課題ですな。。

f0045283_20211031.jpeg



[PR]

by jilbeau | 2014-10-04 20:29 | 2nd House