せみ

ララジルランドの近くをコニーちゃんと散歩している時に、大きな自生している山椒の木を見つけました。
小さい実がたくさんついていたので、少しいただいてきました。
f0045283_22391393.jpg

秋になって実が割れてきたら、もう少しいただいてこよう。

帰ってきて庭で作業をしているときに、せみの抜け殻を発見しました。
f0045283_22405020.jpg


探してみるとミズキやら、栗の木にたくさんせみの抜け殻がついています。
f0045283_22425691.jpg

せみは7年間土の中で暮らして、そのあと地上に出てきて孵化して、1週間飛び回って(ついでに鳴きまくって)、一生を終えるということです。ということは、こやつらが土に入ったのは2006年。

2006年の夏はまだララジルが健在で、ビブリでこんな感じで遊んでたんだな~。ということを考えたりするとなんだか感慨深くなってしまいます。本当に楽しい思い出です。
f0045283_22493649.jpg


今年、土に入るせみがもう一度土から出てきたときに、またコニーちゃんといっしょにそのせみの抜け殻を見つけたいと思います。
[PR]

by jilbeau | 2013-07-26 23:06 | 日常 | Comments(2)

Commented by at 2013-07-27 19:02 x
私まで感慨深くなっちゃいました
7年後...
とわはいないだろうなぁ...(T_T)
でも、その時にトワとの時間が幸せだったなぁって思えるようになっていたいです
Commented by しう at 2013-07-27 22:16 x
せみは毎年出てきます。犬との時間も一年一年大切に過ごしたいですよね。トワちゃんはとても幸せそうにみえるので、凹さんにとってもきっと幸せな時間を過ごしているんだと思いますよ。