ウッドデッキ

森の中にウッドデッキ作りました。
材料にはウェスタン・レッドシダーを使っています。ホームセンターで売っているSPF材でも良かったのですが、屋外で使用すると傷みやすいということなので、今回はウェスタン・レッドシダーにしました。
ウェスタン・レッドシダーに、前の投稿のおまけに書いたように塗装を施します。塗装には粘度が低いため、簡単に塗れるステイン系の塗料を使用しました。(布切れで伸ばすようにして塗ることができるので、効率よく塗れました。)

基礎には重量ブロック(ハーフサイズ)を使っています。まず最初に斜面になっている部分を少し削り、その後ブロックを配置する地面部分を突き固めます。本格的にやろうとすると、採石を入れたりモルタルで固めたりしますが、ここの凍結深度は70cmなのですが、そこまでやろうとすると70cm掘らなければならず、大変なので今回は付き固めるだけにしました。傾いてきたら、またやり直せばいいかな~と。こういうとき自分で作っていると柔軟に対応できます。
f0045283_21201516.jpg


その後、外周の板(幕板)をまずは仮止めして基礎の上に置きます。
f0045283_21265731.jpg


束柱をその幕板に仮止めして、幕板の水平を取ります。今回は、基礎のブロック同士の水平は厳密に取らずに束柱の長さで後から調整することにしました。こちらのほうが、水平を出すには簡単なので素人向きです。
f0045283_2132016.jpg


その後、根太と呼ばれる縦方向の板も入れて、同様に束柱を接合します。大引と呼ばれる、根太と直角に交わる板を通常は通すようですが、今回はデッキもそれほど大きくないので割愛。
f0045283_21333657.jpg


ここまできたら、後は簡単。ひたすら床板をドリルを使って、根太に留めていくだけ。
f0045283_1133246.jpg


で、完成しました。とても気持が良い空間が生まれました。ビールがとても美味しいスペースの誕生です。
f0045283_21415450.jpg

f0045283_21422835.jpg


ジルとコニーも気にいったようです。DIYの最初の大型作品としては、大成功ではないでしょうか?今後これに作りつけのテーブルなどを追加していこうと思ってます。
f0045283_2144488.jpg

f0045283_21442655.jpg


written by shu
[PR]

by jilbeau | 2012-07-15 22:03 | DIY | Comments(2)

Commented by チャロとーやん at 2012-07-24 23:14 x
ウッドデッキ、すごいですね。
すごくいいアイデアだと思います。
日当たりのいい日にビールなんて最高ですね。

芝もすごい生育ですね。すばらしいです。
わが家もそこそこにはなりましたが
ララジルランドほどではありません。
たぶん、
・種の単位面積あたりの散布量の少なさ
・日中の日当たりのすごさ
あたりが原因と思われます。
秋になったら、また種を散布してみようと
思います。また、いろいろとご指導ください。
Commented by しう at 2012-07-25 12:55 x
こんにちは とーやんさん

ウッドデッキ、気持ちよいですよ。今度昼間っからビールのみましょう :)

芝は一年目は、うちもしょぼしょぼでした。3年目になり、やっとなんとか形になってきたという感じです。とーやんさんの指摘にプラスして、このエリアは暑さがそれほど厳しくないというのもよく育つ、要因のひとつかと思います。西洋芝の場合、摂氏20度前後が一番生育が良いようなので。
(そのかわり、冬の寒さで寒さに強い西洋芝が枯れますが。。。)
一番成長する時期を気温から逆算して、種をまいてみるのも良いかもしれませんね。